エモ・ポップの新たな名盤 Turnover『Peripheral Vision』(2015年作品)

少しずつ荒廃しつつあるエモという音楽。その一方で僕も大好きなバンド、セイオシンコープランドが再結成したりと、あの頃のエモがまた盛り上がってきたという印象もある。2014年に再始動したコープランドは、新作もリリースしツアーも回っている。

エモというジャンルにもスタイルは多様で、終始スクリームのハードコア勢も入れば、美しいピアノやギターに爽やかなボーカルが特徴の「エモ・ポップ」というスタイルもある。前述のコープランドCopeland)やダフニー・ラヴズ・ダービー(Daphne Loves Derby)、後期のザ・ゲット・アップ・キッズThe Get Up Kids)などの音楽がその代表で、とにかくメロディーが秀逸なのである。

2009年、米ヴァージニア州で結成されたターンオーバー(Turnover)は、現在も活動するエモ・ポップにジャンル分けされるバンド。昨年にRun For Coverからリリースしたアルバム『Peripheral Vision』がとても最高です。『Magnolia』は、もっとハードコアで疾走感があったのですが、今作はポップでスローな内容に。他のいわゆるポスト・ハードコア勢に比べれば疾走感も、感情の乾きや叫びもない平穏な音楽だけれども、哀愁漂うその世界観は本当に素晴らしい。2011年デビューのまだキャリアの浅いバンドとは思えない、安定感です。前作

1曲目の「Cutting My Fingers Off」からいきなり神曲見参で、アルバム通して全体的にアンビエントなギター、ボーカルが浮遊感があっていい。2曲目からの「New Scream」も「Humming」もそのまま最高だし、もうアルバム聴き終わるまでキリがない良い曲ばっかりです。ぜひこの初秋に聴いてほしい青春アルバムです。

Turnover -  Peripheral Vision (2015).jpg
出典:Amazon

Tracklist

1. Cutting My Fingers Off
2. New Scream
3. Humming
4. Hello Euphoria
5. Dizzy On the Comedown
6. Diazepam
7. Like Slow Disappearing
8. Take My Head
9. Threshold
10. I Would Hate You If I Could
11. Intrapersonal